Pcolle/Gcolle/パンチラ/ぴえんた/#7 プリクラ前に4人でメイク直ししてるJDちゃんのサテン純白P


 #7 プリクラ前に4人でメイク直ししてるJDちゃんのサテン純白P
※クリックで商品詳細確認できます!

#7 プリクラ前に4人でメイク直ししてるJDちゃんのサテン純白P

こんにちは!Pcolle(ピーコレ)&Gcolle(ジーコレ)レビュー管理人です。年末年始の連休が終わったばかりですが、少し出勤してまた三連休というのが嬉しいですね。先ほど起きたばかりですが、今日1日はエロ記事を書く為だけに使いたいwPcolle(ピーコレ)のセールももうすぐ終わりますしね。興奮しても必至にヌクのを我慢しながら記事を纏めていきたいと思います。そのため、本日は更新頻度が高くなる予定ですが、この記事1つで終わっているとしたら、「あー、こいつヌイたんだな…」とお察しくださいwそれでは早速参りましょう!!

新たな伝説誕生の契機となるか?


イントロ部分はプリクラ機の外からこっそりと中を覗くシーンから。

4人のJDのうち、真ん中にいるお姉さんにだけモザイクが入っておりません。この方が本作の主役になるのかな?

このご時世にしては珍しく、マスク未着用。考えてみればプリクラを撮る訳だし、当たり前ですよね。

ルックスも自然さがあっていいですね。昨今のPcolle(ピーコレ)において集団でキャピついてる画って、いかにも風俗嬢っぽいモデルさんを調達してそれらしい画を適当に作るような作風がマジョリティーになりつつありますが、この子はほぼメイクをしてないんじゃないかってくらい薄め(おそらくこのとき以外はマスク着用のため?)ですし、ベースの造形もいいです。このローアングルでも余裕に視聴に耐えられる見た目。おそらくバッチリメイクをした状態で水平目線で見たら、かの有名なセントフォー〇によくいそうなお天気お姉さん系JDに変身するのではないでしょうかね?涙袋も違和感を感じさせない程度にプクっと膨れてまして、案外スケベそうだw

 


中の様子を窺ったところで一旦カメラを引くんですが、筐体の傍に立つ女性は恐らく相方さんですよね。相方さんもイマドキ娘なので、シリーズを通じて、こんな見切れ方にムラムラさせられてしまう方も多いのではないでしょうかw

 


これも導入部分からの1枚なんですが、ここではやはりマスク着用。

みんなで洋服でも買った後なのか、各々沢山の紙袋を持ってますし、こんなところにリアルさが垣間見えるんですよね。明らかに撮影の為に手ぶらで準備してるとかそういった感がない。

 


再生開始から24秒のところ。

女性とプリクラを撮りに行くことなんて全くないので、最近のプリクラ事情が全く分からないのですが、コーナーの一角にメイク直しのところがあるんですね…。

横一列に並んでメイクを直しながら誰かの悪口を言ってたら、個室にその人が入ってくるというベタなシーンがありますが、まさにそんな感じでメイクをしているJDちゃん達。もちろん悪口は言ってませんw

 


そんな中、先ほど冒頭で登場した主役の女の子のワンピースの中にカメラを近づけます。

このワンピのデザインとか色見がいいですね。綺麗めで。
この子の雰囲気にとても似合ってますし、なにより男ウケ抜群かと。

そして何より皆さん注目のパンチラの映り具合なんですが、ちょっともどかしさを感じてしまいますね。ご覧の通り見えてるんですよ。見えてるんですが、ガッツリ差し込むには至らない。まあ、ご本人は鏡を見ながらメイクをされている状態で、その後ろに近づこうものなら即バレしますからね。無理もないです。しかも開始30秒くらいのところですから、まだ準備運動みたいなもんでしょう。

 


そうこうしていると、ここで相方さんがカメラにフェードイン。赤の他人であれば、相方さんと主役の女の子のどちらに入れようか迷ってしまうほどこちらも負けじと魅力的w

とまあ、相方さんのミニスカワンピの素晴らしさはさておき、状況としては一度相方さんを隣に立たせて、付き添いという形でこの化粧台に近づく作戦のようです。

なるほど、これなら違和感がありません。

 


しかも、鏡を利用して凄い綺麗な顔撮り!!!

 


でも当然狙いはこっちの方www

ただ、ワンピの裾が邪魔したり、ピントが裾のところに引っ張られたりして、やや精彩を欠いた印象。

 


それでも手元のスマホで確認しながら微調整。これが奏功してついにパンチラゲットです。

実はそれ以前にも約30秒間近く突っ込んでるんですけど、如何せんピントが少しズレていて…

 


その鬱憤を晴らすかのように、ここでは最高のインサートを見せてくれます!!

目の前の化粧台の光がいいアシストをしてくれていて、文字通り、目の醒めるような眩い光に溢れてます!

これだけ丸見えになった状態は長くはないのですが、かといって一瞬というわけでもありません。

 


最後、立ち去る瞬間まで粘って終了。

今回はプリクラというよりも化粧台での攻防となりましたが、こっちの方が光は来るし、案外いいかもw

総評

本作、Pcolle(ピーコレ)にある商品説明を読まずにいきなり内容から拝見した形だったのですが、プリクラシーンは顔撮りとしてしか出てきません。ですが、その方が逆に( ・∀・)イイ!!プリクラがどうこうの前に、まず化粧台の光が心強いので、おそらくこのフロアの中で一番綺麗に撮れる場所は結果としてここであったであろうと推測されます。しかも、各々が己の顔に集中して、手元以外にほぼ動きがないという状況。鏡の存在にさえ慎重になれば、ぴえんたさんも仕事がし易かったはずで、まとまった時間を使ってワンピースの下にカメラを潜らせるという事をやってのけます。難を上げるとするならば、一部のシーンでワンピの裾にピントが定まってしまって肝心のパンチラが少しぼやけてしまったところがあったことくらい。終盤ではそういったトライ&エラーを踏まえて、即改善。思い切って奥に差し込んでいつものぴえんたさんらしい丸見えで〆ます!!ルックスはいきものがか〇のボーカルの方と西野カ〇を合わせたくらいの甘さ、造形であろうかと個人的には感じました。もちろんプラスの方面に解釈いただいて構いません。シンプルな構成ですが、「ガ」じゃなきゃダメという方に取っては、今日日貴重な作品の一つですよね。ぴえんたさん、本作を契機にこのロケーションを狙ってくるのではないでしょうか?そんな点にも期待したくなるほど光と希望に満ちた作品でございました。

 #7 プリクラ前に4人でメイク直ししてるJDちゃんのサテン純白P
※クリックで商品詳細確認できます!



コメント

タイトルとURLをコピーしました