Pcolle/Gcolle/みみっく/【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】

【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】
※クリックで商品詳細がご覧になれます。
どうも!「君の膵臓を食べたい」で高校生の綺麗な恋愛に心を打たれたかと思えば、次の瞬間にはJK動画を物色するという二面性のある異常者です(笑)
みみっくさん、今年4作目ですか?ペースが早いですね。ありがたいことです。
リアル制服モノは廃れつつありますので、本当に長生きしてもらいたいものです。

一昨日、満員電車で垢ぬけた感のあるJKが私の視界に入るやや離れた位置に立っていたのですが、彼女がそこから人の波に押されて徐々にこちらに近づいてきまして、ついには私の目の前まで寄ってきたのですが、その時に彼女の髪の毛から漂ってくる匂いの甘いこと・・・。それだけでもムラムラしてしまうのに、バッグを持つ私の手のすぐ先にお尻がありまして、もう神様に試されているような気分になりましたね。別に痴〇するつもりはないですが、周りに人目がないか確認したら斜め後ろにいる男性の視線がこちらに向いているような気がして一瞬緊張感が走ったのですが、あの視線は「監視」ではなく「羨望と嫉妬」の視線ですよね。同じ男として絶対そう思います。あー、イメクラ行きたくなってきた・・・。
すみません、戯言はさておき本題へ。
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】01 - コピー
今回のモデルとなる女の子です。誰に似てますかねー。さぞかし凝って作ったであろう事が窺える前髪とかJKらしい化粧で、実用性はクリアです。太っているわけではないですが、顔がふっくらしてますね。それでいて弛みがないところはJKならではですよね。30過ぎの女性みたいに二十顎になって、おまけに決まりきった仕事しかしない上に社歴を重ねている分給与だけは持って行くという、会社にとって害にしかならない女性と全然違うというか、そもそも一般職というのは本来30くらいには結婚をして寿退社をしていくという前提のもの成り立って(ry
すみません、ついつい日々のストレスや社会に対する提言をこんなエログで展開するところでした。総活躍社会。この子は世の男性の性欲解消に一役買うという責務を果たしてくれておりますので、その辺のBBAよりもずっと価値のある存在であることはいうまでもありません。しかも、社会的ステータスの高い男性に限ってこういう性癖の方が多いですから、割とマジでこの国を支える方々に貢献しちゃってるかもしれません。
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】02 - コピー
いつものお店を出た後の追い撮りからスタート致します。
開始約3分弱に及ぶ猛烈な追い撮り(ずっとみえっぱ)をご堪能ください!
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】03 - コピー
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】04 - コピー
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】05 - コピー
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】06 - コピー
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】07 - コピー
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】08 - コピー
いつもながらよく撮れてますよね。もうこのストリートはみみっくさんのルーティーンといっても過言ではないでしょう。安定感があります。ちなみにお友達のJKはお尻のプリプリ感はなかなかのものの黒なので、みみっくさんの対象から弾かれております。主役の女の子の方がいいので、残念感はございません。
ここで脚を止めます!!
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】09 - コピー
なにやら商品を物色しているようで、動きが止まっているのと屋外の光量とで、パンティの縫い目がモロ分かりで否が応でも右手に力が入ります!!
向きを変えて立ち去るときもゆっくり目なので、じっくりと角度を変えたパンチラを楽しむことが出来ます。
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】10 - コピー
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】11 - コピー
このパンツに出来た皺。追い撮りの時からお気づきかと思いますが、生地の薄さが画面から伝わってきます。食い込ましてやりてぇ!!
ところ変わって、プリクラコーナーへ。
前作で指示を出していたあのフィンガーが今作にも登場です(笑)
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】12 - コピー
「やってる??」(場末のスナックでドアから顔だけ入れて風)
そして、やってた(笑)
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】13 - コピー
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】14 - コピー
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】15 - コピー
プリクラコーナーなんて男子禁制の場所となってから久しいものですが、そこへの立ち入りを容易にしてしまうのがみみっくさんの強みですよね。本作ではここよりもパンツが見えるシーンが沢山あります。このシーンでは、パンチラよりも“リアルな覗き感”を体験してください。
ラストは再び外へ出て声掛け
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】16 - コピー
まずはオーソドックスに後ろから。
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】17 - コピー
次は前に回り込んで、股間のモッコリを。
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】18 - コピー
もう少し踏み込んだフロントが見たいかなと思った矢先、話の流れから立ち位置を変える女の子。個人的には、身体の全体を眺めることの出来るこんな構図も好きだったりします。どアップだけがパンチラだと思うのは素人。
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】19 - コピー
あの間合いを詰めるのは厳しいかと思いましたが、そこを思い切って踏み込んでこのフロントです。ごちそうさまでした!
【評価】85点/100
作品内容はみみっくさんのルーティーンといった感じですね。プリクラ以外は目新しさはないものの、それは勿論イイ意味でいつもの安定感を生み出しているということの証左でもあります。パンツの撮れ高は問題なし、追い撮りの尺が長いので再生しっぱなしでイクのもイイですし、脚を止めたシーンでのパンツの縫い目を舐めまわすように鑑賞しながら果てるのも一興でしょう。プリクラ機に忍び込んでいる自分を想像してみるのもいいかもしれませんし、最後にはフロントもありますので、抜きどころには困らない作品といえます。最近は“リアルなやつ”で縫い目を見れるチャンスが少なくなってきた気がしますので、将来に備えて今のうちに本作のような作品を集めていく時期に来ているのかも知れませんね・・・。何はともあれ、美味しゅうございました。
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】
【顔出しJK3】プリクラおじゃまします。ピンクP【声かけ】
※クリックで商品詳細がご覧になれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました