Pcolle/Gcolle/帰ってきたAYN/親切なJKを裏切れ1

親切なJKを裏切れ1
親切なJKを裏切れ1
※クリックで商品詳細確認できます。
偶には、いつもの雰囲気と違ったものを紹介させていただこうかと。

AYNさんって、お名前は耳にしたことがあったかと思うのですが、作品を拝見するのはこれが初めてですね。芋系を主戦場にされているとのことですので、主にギャル系が好きな私の目が自然とスルーしてしまっていたのだと思います。で、そんな氏の作品をなぜこの度フィーチャーしたのかと申しますと、単純にパンツです(笑)
サムネ画像で掲載しているパープルのサテンパンツがめちゃくちゃ気になったのと、比較的にこの女の子については他作品のような芋臭さを感じなかったので。あと、他の作品の説明文みても“声掛け”を売りにしているみたいなので、その辺もおまけ程度に気になった次第です。
いきなり背後を付け狙う怪しいシーンからスタートです・・・
親切なJKを裏切れ1 - コピー
デフォでモザイクが掛かっている箇所があるのですが、この部分が何なのか気になる・・・(笑)
そのまま背後に接近して・・・
親切なJKを裏切れ1-2 - コピー
まるで『羊たちの沈黙』でクラリスの背後から手を伸ばす変質者を思わせるようなシーンです。
迷いなく突っ込むっ!!
親切なJKを裏切れ1-3 - コピー
親切なJKを裏切れ1-4 - コピー
AYNさん、かなり度胸の据わった方なのでしょうか?あっさりと背後にくっついて、カメラを突っ込みます!!その間約10秒。状況が状況なだけに、流石に手ブレ感が否めませんが、この状況下でこの突っ込みは並みの芸当ではありません。カメラからライトでも照射してるのか、本来であれば暗くなることが予想されるこの場面でしっかりとパン質を確認できるいい仕事をされています。
ちなみに被写体はこんな感じの姿勢です
親切なJKを裏切れ1-5 - コピー
脚をこんな感じで前のステップに置いていたからこそ、ここまで突っ込んで綺麗な撮影を可能にしてるんだと思うのですが、いつ脚を下ろすとも限らない場面でのこの行為は相当の場数を踏んできた猛者とお見受けします。
エスカを上りきり、声掛けを敢行っ!
親切なJKを裏切れ1-6 - コピー
ここでお顔がハッキリします。やはりそれほど芋感はないです。まあ、あんなパンティを穿いてるくらいですからね。真面目にテニスとかに打ち込んでるJKといった雰囲気ですかね。そして、AYNさんとのやり取りですが、何の会話かまでは聞き取れません。おそらくどこかの場所について質問したのでしょう。遠くを指さしながら笑顔を見せる愛嬌を見せてくれます。イイ子です。間違いなくいい子です。何かにつけて「キモーい」とか抜かす女の子とは雲泥の差です。
ヤバい雰囲気の漂う終盤・・・
親切なJKを裏切れ1-7 - コピー
もう、この画像だけで恐怖ですよね。わたし、男に生まれて本当によかったです。
いきなり声を掛けられて完全にびっくりしてます!!
親切なJKを裏切れ1-8 - コピー
AYNさんから衝撃の事実を聞いて驚くというよりも、もうこの周りに人がいないような空間でいきなり話しかけてくる状況が怖すぎますよね。振り返った表情が氷ついてますよ。まあ、あくまでもドラマですから、実際にコレをみても真似をしないようにお願いしたいと思いますね。
AYNさんの衝撃告白に茫然自失・・・
親切なJKを裏切れ1-9 - コピー
さっき道を尋ねてきた男が、誰もいない自宅付近まで付いてきて「君、盗〇されてたよ」なんて話かけたら怖すぎますよね。もう、ヤバいくらい顔が引きつってます。この子演技上手いっすわー。こんな恐怖に怯えた表情、そんじゃそこらの女優でもコレほどうまく演じられないと思います。まるで本当に起こった出来事のように自然な演技をしてくれています。
【総評】
個人的に、パンツメインで声掛けはおまけ程度だろうと思ってましたが、今までのパンチラ作品におけるそういった概念を根底から覆す作品ですね、コレは。サテンパンツは勿論文句なくて、それ自体の実用性はあります。女の子も眉とか整えてて、芋に抵抗ある人でも一般的なJKとして楽しむことができると思います。しかしながら、本作の肝はそのあとの展開ですね。引き込まれます。優しい表情で道案内していた時の彼女のあの笑顔と、ラストで見せる恐怖に歪んで目を見開くあの表情。「どれだけエグイパンツの撮り方をしたら受けるか?」ということを念頭におかれた作品が多い風潮にある昨今のPcolleにおいて、そうしたマンネリ化した傾向に対して、新たな切り口を提案するパンチラ作品に出会えた気がしました。(告白型の声掛け作品はこれまでもありましたが、この表情は最高です!)
親切なJKを裏切れ1
親切なJKを裏切れ1
※クリックで商品詳細確認できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました