Pcolle/クリオネ/パンチラHOLIC・114


パンチラHOLIC・114
パンチラHOLIC・114

こんにちは!!Pcolle(ピーコレ)&Gcolle(ジーコレ)レビュー管理人です!!本日もシコシコとレビューしていきます!!休日なんで、更新頻度多めでいきます!!

彼氏とイチャつく姿を見ながらヌいてみてくださいw

今回レビューさせていただくのは、クリオネさんの新作。2名のJKちゃんが登場する作品のようですね。クリオネさんは基本、単体作品が多いんですが、二人ならそれぞれのボリューム感を損なう事なく、じっくりと楽しめるのではないでしょうか。それでは早速始めていきましょう!!

 


一人目。

髪を掻き揚げる仕草がJKらしからぬセクシーさを漂わせるオープニング。
その気位の高そうな雰囲気に、金的を希望する殿方も多いのではないでしょうかw

生意気そうな表情がたまんないっすw

 


お次は電車内で距離を詰めての顔撮り。

撮る側も撮られる側もブレの無い映像で、
綺麗に捉えてます。

賛否あるかもしれませんが、
個人的な感覚としては、市川由〇にちょっと似たものを感じます。

どこのパーツが似ているっていう事も無いんですが、
スッキリとした顎のラインとか、パッチリした目元とか。

 


逆さは1分半の辺りからスタート!!

ゆっくりと背後に忍び寄ります…。

そして、腰を据えてじっくりと撮影することが出来る状況であることを
確認したところで、地面にカメラを置いての超ローアングル撮り。

同じような映像を何度も何度も見てますが、
なぜいつも新鮮な気持ちで見られるのでしょうか?

相変わらず最高なのでございますww

 


画面上が光の所為で白くなって見えない部分があると思うんですが、
ほぼ屋外と変わらないホーム上という状況だけあって、それだけ光が来ております。

このカメラ設定が、スカートの中の光量とちょうどマッチしていて、
サテンパンティの質感やら、クロッチやら、皺やらを逃すことなく捉えてます。

ドット模様のフロント部分も実に美しい!!

 


目の前でずーっとこの状況w

かれこれ1分くらいは、このような顔の上に跨られているような映像が続きます!!

 


その後、前の列に接続しようとして少し前進するんですが、
そんなことでおいそれと逃がすわけはございません。

こちらも再び距離を詰めます…逃がさねーよw

おかげでパンティのサテン感がより一層綺麗に見えるようになりましたねw

 


その後もこのように片脚に重心をかけるポージングで
脚を開き気味にしてくれます。実にいい眺め。

 


腰をひねるちょっとした動きによって、
パンティの見え方が変わるので、一瞬も目を離せないです。

 


その後、電車が到着してドアに近づいたところに
手持ち状態で近づいて接写を試みるいつもの流れへ。

 

電車の中では座ってしまうので、
特筆すべき点はございません。

 


ラスト40秒ほどのところで、エスカを上がります。

人の量もそれなりにある駅のはずですが、
横を通り過ぎる人も無く、
終始邪魔の入らない状態で上まであがって終了。

全部で5分30秒程度。

 

 

 

二人目。

お次は二人目の女の子。

吉岡里〇を、JKらしいムッチリとした感じにした女の子とでも表現しましょうかw
太っているわけではなく、若さゆえのムッチリ感。

脚の太さを見ても、至って普通ですし、
そもそもムッチリといっても、まあ普通といっていいレベル。

一人目の子の顎のラインがスッキリとしていたので、
それとは対照的にふっくらとした印象を受けているだけですかね。

いずれにせよ、余裕でおかずにするレベル。

本当の意味でのおかずで例えるならば、ハンバーグくらいの存在でございます!!

 


彼氏と思われるDKと一緒にいるのがただただ羨ましいですね。
私もこんな充実した学生生活を過ごしたかった。

このブログを見てくださっている皆さんも、
きっとそんな二度と取り戻すことのできない時間を
こういった動画で発散されているのではないかと推察致します。

まあ、そんな事は置いておいて、
中盤辺りくらいまではこのように距離を詰めて、
もう一歩踏み出すチャンスを窺っております。

 


くー!!ネクタイなんぞ直してもらいおってー!!!

ま、その間にしっかりパンチラ撮らせてもらうんですけどねw

これ、キャプチャーで伝わるか分かりませんが、
自然光で滅茶苦茶太腿が綺麗に映ってます!!

 


このふくらはぎ、ホント舐めたい

 


二分過ぎあたりから、ようやくベスポジゲット。

これまで男女二人でくっついていたところに、
もう一人男性が近づくという、男2女1の、
旧ドリカム構成の完成でございますwww

 


いやー、それにしても日の光といい、パンチラといい、
ええ眺めですなぁwww

 


そして、風のいたずらでこんなシーンもw

 


2分40秒あたりで電車が到着!!

電車が光源との間に存在することによって、
ちょうどいい光の加減になるんですが、
このあとやはり乗り込んでしまいます。

 


電車に乗り込む瞬間のどさくさに紛れて、
カメラを思い切り近づけるクリオネさん。

この辺はもう呼吸をするかのようになれた感じなんでしょうね。

電車の中では位置関係的に撮影困難であったのか、
深追いはせずに終了となります。

 

総評

冒頭で、単体作品ではなく2名登場する旨をお伝えしておりましたが、他のオムニバス形式の作品と違って、クリオネさんの場合は単体作品1名×2本みたいな構成なので、満足感しかありません。5分30秒1本と、3分30秒の1本。ちょろちょろと動くJKを追いかけていくような一般的な逆さ撮りと違い、ホームで脚を止めているところを狙っていくスタイルなので、安定感はずば抜けてます!!ホームだからといって全てがそのセオリーに当てはまるわけではないのですが、今回は両方とも採光状況に恵まれておりまして、明るさの面もなかなか。女の子のレベルは二人とも高めで、特にクセも無く、どなたでも受け入れやすいルックスとお感じになるかと思います。二人ともソックスからお尻全体まで映った構図で尺も長めに確保してあるので、じっくりと眺めていられます。二本目の方は彼氏といる関係上、一本目ほどジッとはしてませんが、違う見方をすれば色んなポージングをしてくれているともいえます。クリオネさんは本当にハズレをひく事がありませんね。これだけの作品をリリースされているのに、基本ヒットは確約されている上に、特大ホームランを何本も出すあたりは、まさに盗〇界の大谷〇平w尊敬に値します。

パンチラHOLIC・114
パンチラHOLIC・114



コメント

タイトルとURLをコピーしました