Pcolle(ピーコレ)/感動の最終回/【10/9まで顔出し】スーツケースでもバッグでも防げなかった白パンチラ…


こんにちは!Pcolle(ピーコレ)&Gcolle(ジーコレ)レビュー管理人です。このところ毎日更新とは程遠い状況になっておりまして、毎日覗いてくださっている方には申し訳ございません。もう少しでピークを抜けます。エロの熱意が無くなったわけではありませんので、気が向いた時にでもたまに覗いてくだされば幸いです。



Pcolle(ピーコレ)から感動の最終回さんの作品をレビュー!



今回レビューさせていただくのは、Pcolle(ピーコレ)から感動の最終回さんの作品でございます。かなり久々のご登場!氏のファンでなくとも、そのサムネからヒシヒシと伝わってくるガチ感を感じられたのではないでしょうか。顔出し期間中のこの時期にいかせてもらいます!




ブログのキャプ画ですとデルタゾーンは分かり辛いかと思いますので、敢えてそのままの状況をお伝えします。

本編を再生すると、その冒頭からハッキリと逆三角形が出てきます!

はい。

光の微妙な加減でキラキラと表情を変えるホワイティ…

その輝きに、多忙を極める毎日でも生きてて良かったと思えますw

 

 

 

 

 

 

 

 

 


基本この姿勢で変化がないので、アクションがないと退屈という方には不向きかもしれませんが、そもそも電車対面とはそういうもの。

ここまで読み進んでいただいているほとんどの方は、このいい意味で変化する事の無い至福の光景をいつまでも眺めてみたいと思われるのではないでしょうか。

ただ、1分を超えたこのあたりからはググっとカメラが被写体の女の子に寄ります!

画角が許す範囲一杯に被写体を捉えて、「パンチラをもっとよく観察しようではないか!」という感動の最終回さんからの提案!!

ムチムチとした太腿を強引に締め付けるミニタイトは、もはや太腿のラインを詳らかにするどころか、ボディペイントさながらの状態に一体化しています!

あー、タマキンまわるぅwwww

 

 

 

 

 

 

 


そのまま終盤まで見えっぱで押し切ります!!

撮影時間は日が傾く夕暮れ時のようで、日の光が強い分相対的な光の変化によって薄っすらと暗く見えるタイミングもありますが、概ね安定したレベルで採光を確保しており、見えなくなる瞬間は皆無。

 

 

 

 

 

 

 

 


ラスト、車内全体が光で包まれて明度が一段上がる瞬間は多幸感に包まれること請け合いw

股間を押さえつつ、3分半に渡るパンチラを見届けましたwww



総評



Pcolle(ピーコレ)から感動の最終回さんの作品をご紹介致しました。Pcolle(ピーコレ)ではそれほど多くない電車対面パンチラ界の重鎮が久々に登場されたわけですが、まず気になるのはそのガチ度ですよね。もう玄人の方がみても確実に納得のいくガチ感。女の子の素材からして、パンチラで小遣い稼ぎをしようとするような軽い女子感が皆無なんですよね。真っ当な生き方をしてそうな女の子というか。ま、人の中身なんか外見だけじゃわからないもんですが、少なくともその外見からはその確率が高そうです。ルックスレベルはどうでしょう?タレントでいえば、井上咲●とかそのあたりでしょうか。もう少しブラッシュアップすればさらに良くなりそうですが、この汚れて無さそうなところがいいという殿方もいらっしゃるかもしれません。そんなタイプ。なお、その対極に位置しそうな「やりてぇ!!」と思わせる女の子であるコッチの子はモザなし期間復活中ですので、ご興味のある方はこの機会に是非。長身脚長好きであれば、このド迫力の見せっぷりにチンコ飛ぶぞ!(間違ったベクトルの長州w)


コメント

タイトルとURLをコピーしました